他に保証人が関係している契約以外だけ

特定調停という方法も任意整理による解決と同じように、おのおのの貸方に返済を継続することを選択する債務の整理の方法のことです。

わかりやすくいうなら裁判所が間に入る債務の整理ということができます。

特定調停も先の方法と似ていますが、自己破産と違って一定の借金のみを整理していくことになるので、他に保証人が関係している契約以外だけを手続きをしていく際や自動車ローン以外で整理をする際などにおいてでも検討することも可能ですし、資産を処分することは必要とされていないので、投資信託や土地などの自分名義の財産を所有していて、手放したくない場合でも有用な借金整理の手順です。

ただ、手順を踏んでから返済していく額と実際として可能な手取り額を比較しだいたい返済の目処が立てられるようなら特定調停による手続きを取ることは問題ありませんが、自己破産とは違い返済義務そのものが消滅してしまうということではありませんので、お金の金額がかなりになる場合においては実際的にはこの方法で方法を取るのは困難だということがいえるでしょう。

特定調停による解決は司法機関が中に入るので司法書士等にお願いしなくても立場が弱くなるようなことにはならないという点やお金を減らせるという益はありますが貸方からの催促に対して債務者本人が対処しなくてはいけない点に加え、実際に裁判所に出頭することが必要になるといった注意点もあります。

さらには、任意による整理に対して最終段階でも同意に達しない際には求められている利息を全部含めた金額で返していかなければならないという点や結果としてはお金の貸し手に返済していく総額が任意整理による方法よりも高くなることがあるというような注意が必要な点もあります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.grandbukhorohotel.com All Rights Reserved.