高額な商談になる中古車の売買ですので

車を売るとき、そして愛車の売買のさいも印鑑証明という書類が必要です。

この印鑑証明という書類について説明していきます。

印鑑証明というのはある印鑑に対して、それが実印で間違いないことを裏付ける目的の書面です。

この印鑑証明がなければ、その印鑑について実印として認められていることがわかりません。

高額な商談になる中古車の売買ですので、どうしても実印が要ることになりますがそれとセットでこの印鑑証明も出てきます。

印鑑証明を発行するには発行前に印鑑証明をすることが必要です。

印鑑証明に登録する印鑑は普通、実印といい世界で唯一のはんこでなくてはなりません。

この印鑑を用意して、お近くの市役所などの案内係へ出向けばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば、印鑑登録カードというものがもらえて、印鑑登録手続きをしたはんこは実印ということになります。

印鑑証明を交付してもらうには役場の案内係へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記載して、印鑑登録カードを出すだけです。

他にも、自動交付機でも印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

なのでどんなに前の印鑑証明だとしても効力は持続するということになります。

ですが、中古車買い取りの際には、必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

基本的には有効期限を気にする必要はないですが車の買取のときには、買い取り先の業者が必須となる有効期限を決めているので、もしも車両の買取を考えているのであれば、最初に準備しておくとスムーズに進みます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.grandbukhorohotel.com All Rights Reserved.